どんどん道具は便利になっていく

土曜日, 3月 4th, 2017 at 4:50 PM

前にでセックスの語源について書きましたが、今度はテレフォンの語源についてお話しましょう。
こちらは簡単なお話です。この言葉は二つを合体させた名前です。
テレという接頭語の後に、フォンという言葉がついたというまんまな名前ですね。
フォンの意味は音です。これはギリシャ語です。これだけでも電話という意味で通じます。

その単語がいろいろな国で、そのまま使われているというわけです。
ですからこの言葉はいろいろな国で使っても、相手にわかります。
テレのほうは遠くまでです。この2つの言葉を単純に合体させると遠くの音ということになります。
遠くのほうまで音を伝えられるということになるのでしょうか。

音声を、電気信号にします。そして遠く離れた場所にいる人とも通話できるようになりました。
グラハム ベルが最初の電話を作ったのです。そこからいろいろな変化を遂げて今の電話を作ったということになるわけですね。
そしてどんどん進化して、携帯などは、もう最初のころの電話とかけ離れたものになってしまったような気がします。
これからもいろいろな種類の電話というものが出てくるのでしょう。

しかし単純に離れたところにいる人同士で会話できるというのも不思議なものです。
当たり前のように使っていますが、こういった便利な発明がなかったとしたら
今のような生活を教授できなかったと思うと、先人達には頭が下がります。
これからもどんどん道具は便利になっていくでしょうが、そういう気持ちは忘れたくないものです。

なかなか面白いサイト見つけました!
http://xn--n8jwkwb3d943ronaf0omzey47ccn8b.com/line/

関連記事

  • Category:日記.
  • Follow this entry: RSS 2.0 feed.
  • Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.